Kisara's Real Life

kisaraのテキトーな日常記録(´ー`)
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
Pawder Room
kisara家の洗面所を初公開〜汗

パウダールームw

ご覧の通り、無粋な洗濯機が鎮座してまして、実質ここは隣のバスルームの脱衣所も兼ねておりますです、はい。

ドレッサーw

さらにここは、お化粧台、つまりドレッサーも兼ねておりまして、kisaraはいつもここでメイクのON/OFFを立ったまま済ませてます口紅

洗面所

そしてこれが2階の洗面所。
こちらはトイレと同じ部屋にあり、手洗い場と旦那の髭剃りやなんかの身支度をする場所を兼ねております。

ともするとどうしても所帯じみた感じになってしまうこれらの場所を、いかにお洒落っぽく見せるかが、かねてからの課題となっているわけです。

まあ、こうして写真に撮ってみると自分でも良く分かるのですが、やはりモノが多いのが原因なんですよね。

かといって、全てしまいこんでしまうと使い勝手が悪くなるのは避けられないし・・・

仕方ないので、、今後は『洗面所』とは呼ばずに『パウダールーム』と呼ぶことにしようかと。

「洗面所」というと、どうしても家の中の所帯じみた場所のイメージが強いけど、パウダールームなら、なんとなくお洒落な場所のイメージになりません?ウィンク

なので、手始めにまずは呼び方から変えてみることにして、それにともなって、本体の方も徐々に洗練させていくつもり。

そのためにはもちろん家族の協力も不可欠なのですが、今のところ誰も従ってくれないんですよね〜[:がく〜:]
| my home | 12:10 | comments(0) | - | - |
吉屋信子記念館
鎌倉は『吉屋信子記念館』に行って来ました。
ここは一般公開日が限られているため、行きたいと思ったときになかなか行けなくて、何年も先延ばしになっていたのですが、先日の一般公開日にようやく行くことが出来ました。

いつもは来客の訪問を拒むように閉ざされている門も、この日ばかりは、お気軽にどうぞ、と言ってるかのように開け放たれています。

門

館内でも、ダメ元で係員の方に撮影してもいいかどうか訊いてみたところ、以外にも許可して頂けたので、ありがたく何枚か写真を撮らせて頂きました。

ところで吉屋信子とは、大正から昭和にかけて活躍した女流作家で、その作風は、まさに現代の少女漫画の世界、年頃の乙女たちが織り成す恋物語が中心ですかわいい

といっても、乙女たちの恋心の対象は異性であることはなく、専ら同性であり、主人公が通う女学校の、素敵な先輩や大人びた同級生、といったケースがほとんどのようです。

作品

想いを寄せる憧れの人への妄想や、告白するか否かを思い悩む様子。
晴れて「両思い」になり、付き合い始めたものの、今度は独占欲のあまり、些細なことで、例えば“恋人”が他の子とちょっと仲良くしているのを見ただけで、疑心暗鬼にかられ、嫉妬に苦しむ様など、ほぼ男女の恋愛と変わらないものがあります汗

当時はこういう“カップル”は、『S(エス)』と称されていたようで、今の言葉で言えば『百合族』って奴でしょうかあせあせ
もちろん、時代が時代なだけに、あくまでも清らかな、プラトニックな関係に終始しているんですけどね>フォロー
| museum | 11:07 | comments(0) | - | - |
鎌倉スタバ
kisaraは鎌倉駅の西口にあるスタバが大好きですラブ
市役所通りに面して、ひときわ目をひく外観の建物がそれです。

鎌倉スタバ

なんでもこのお店、漫画『フクちゃん』の作者である横山隆一氏の屋敷跡に建てられたとのことで、中庭にはこんなプールのようなものがあったりします。

プール?

広い店内は、スタバだけでなく、洋菓子の『チャヤ・マクロビ』が入っているので、スタバのドリンクと、チャヤのケーキを一緒に楽しめるところが気に入ってますケーキ
いわゆる“コラボレート”というのでしょうかw

画像は『アイス・ラテ』と『ほうじ茶プリン』、和と洋のミスマッチングなオーダーですねw

スタバ&CHAYA

あと、いつも思うのが、ここの客層の平均年齢が高め(失礼!)なのも、いわゆる街中のスタバとはちょっと違うところ。

そのせいか、はたまた鎌倉という土地柄のせいか、いつ来ても店内にはゆったりと落ち着いた雰囲気が漂っていて、持ち込んだ本を読みながら、上質なお茶タイムが楽しめるのが、ここのお店を気に入ってる一番の理由なのですニコニコ
| holiday | 20:29 | comments(0) | - | - |
RECOMMEND
WILLCOM 03 Style Book
WILLCOM 03 Style Book (JUGEMレビュー »)
avi,山田 道夫,霧島 煌一,音葉 哲,小原 裕太,丸山 弘詩
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ