Kisara's Real Life

kisaraのテキトーな日常記録(´ー`)
<< アボガドバーガー | main | 夏祭り >>
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
海辺の美術館
葉山の近代美術館では、今月27日までマティスとボナール展を開催してるとのことでしたので、ギリギリながら行って参りました。

さすが2大巨匠だけあって、いつもは閑散としているここの美術館も、平日の昼間だというのに人が沢山。
おまけに観覧料も、鎌倉の方では700円だったのに、こちらでは1200円もあせあせ
なんでも、先にこちらに来ていれば、チケットの半券で鎌倉の方の観覧料が割引になったそうです。知らずに損したぁ〜〜〜〜ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!

それはともかく、やはり高い観覧料を払うだけの価値は十分ありました。
数年前に、上野の美術館にシャガール展が来ていたときも、高い料金(たしか2000円)と大勢の観覧客に一瞬ひいたものの、それでも結局は見に来て良かったと大満足したものでした。
偉大なる芸術とは、そういうものなのです拍手

マティスとボナールは親友同士で、互いを尊敬しあい、長い交流によって互いに影響を受け合いながら、感性を高めていったのだといいます。
互いに孤独でありながらも、同じ思いと目的を持つ友人の存在を、何よりも心強く大切に思っていたとのこと。
それってとってもステキで羨ましい話ですね〜ニコニコ

ところで、この美術館もまた、海の近くという抜群のロケーションに建っております。
葉山の美術館
正面はこんな近代的な外観だけど
建物裏
裏に回れば目の前は海で、松の木がいかにも葉山らしい眺め。
海水浴場なので、もちろん泳ぐことも出来ますが、kisaraは海は好きでも、海水浴は苦手なのでパス!ノーノー


| museum | 20:36 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:36 | - | - | - |









RECOMMEND
WILLCOM 03 Style Book
WILLCOM 03 Style Book (JUGEMレビュー »)
avi,山田 道夫,霧島 煌一,音葉 哲,小原 裕太,丸山 弘詩
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ