Kisara's Real Life

kisaraのテキトーな日常記録(´ー`)
<< サンルーム | main | 浅草 >>
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
一葉記念館
木曜日は祖父母のお墓参りのため、久々に上京しました。
東京へ出るといつも、人の多さに目が回って、それだけでへとへとになってしまうのですが、下町と呼ばれるこの辺りは、とっても静かで落ち着いた雰囲気でホッとします。

記念館前

お墓参りが済んだら、ついでに近くにある樋口一葉の記念館を見ることに。
前から一度行ってみたいと思っていたのですが、なかなか行く機会がなくて、この日やっと念願かないました。

一葉記念館

記念館の建物は、一葉が5千円札の顔になった平成18年に改築されたそうで、一見現代風の様式ながら、全体的には江戸の風情を感じさせる不思議な感じ。
中もほどよく空調が効いて、曇っているのに蒸し暑かったこの日には、とてもありがたかったです。

一階は受付とビデオコーナーとミュージアムショップ、展示は2階部分と3階部分にあり、特に3階では、一葉の代表作といわれる『たけくらべ』のワンシーンのミニチュアジオラマがあったりして、とても楽しかったです。
さらに、「たけくらべ」や「にごりえ」その他の作品の簡単なあらすじもパネルで紹介してありました。

ぶっちゃけ、樋口一葉作品は、教科書に一部抜粋したもの以外に一度も読んだことない私ですが爆弾

それにしても、女性の社会進出どころか、学問を受けることさえ許されなかったこの時代において、数々の障害を乗り越え、たった24年という短い人生の中で、これだけの偉業を成し遂げ、さらに“恋愛”までしている一葉は、やはり偉大な女性だと改めて思いました。
その作品中にも、自身の恋愛経験を元にしたものが数多くあるそうで、女性らしさも忘れていないのがさらに凄い拍手

一葉飴

ミュージアムショップでお土産に買ったのは、一葉の似顔絵が金太郎飴になっている、その名も『一葉飴』
お味の方はまあ普通だけど、いかにも江戸のおみやげっぽところがステキラブ
| museum | 18:26 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 18:26 | - | - | - |









RECOMMEND
WILLCOM 03 Style Book
WILLCOM 03 Style Book (JUGEMレビュー »)
avi,山田 道夫,霧島 煌一,音葉 哲,小原 裕太,丸山 弘詩
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
このページの先頭へ